邦楽の正体

Youtubeの第一回「邦楽は純正律」といったが、これには少しだけ訳がある。

この狙いは、邦楽器で演奏するものが、音律を考えずに合奏している例が多く、平均律楽器であるピアノとの合奏をなんのためらいもなく行っていたからである。

まずは、平均律とは正反対になる純正律を持ち出し、和楽器の平均律演奏を思い留ませようと試みたものである。

厳密に言えばピアノとの合奏だけでなく、平均律で和楽器の演奏をしている人に対しても強く注意を促したかったが、そこまですると敵が多くなり、和楽器奏者自体も少なくなってしまう危惧があった。それ故、純正律とぼかした表現としている。

邦楽の本来の音は洋楽純正律とは異なる。

日本の邦楽の音律は東洋律と呼ばれるものであり、唐楽を基礎に改良された音律である。8度(オクターブ)、完全5度、完全4度においては洋楽純正律と同じだが、長三度と短三度は洋楽純正律とは異なる

 

洋楽式純正律はイギリスの音響学者エリスの「音程の主観的の値をすべて100倍にして8度を1200と定める」ことから始まる。「セントとは実質上log10 2が1200に等しい対数関係である」「セント値とは、それに対比する振動数比率の常用対数に正比例する」と定義される。

log10 2=1200セントとすれば

単位1=1200÷log10 2=3986.3136セント

この数値は、振動数比をセント値に変換する場合の乗数となる。

したがって、3:2は次のように変換することができる。

log101.5=3986.3136×log101.5セント=3986.3136×0.17609=701.953セント

 

東洋律(東洋式純正律)は三分損益法による音律である。三分損一と四分損一によって完全4度、完全5度を求める方法で、順八逆六法とも言っている。

この応用で五段音階を作り、更に七段音階を作り、最終的には12律音階をつくるものである。

 

 

 

 

 

東洋律の定義が明確でないので、西洋純正律と日本純正律という言葉を新設すれば音程値は以下の通りとなる。

 

日本の純正律は壱越(イチコツ)洋楽のD音相当を基準として求められている。完全5度、完全4度の上下で求めている。西洋純正律のセント値が出ているので、702、498を充てはめ数値を導き出している。オクターブは+24、長三度は+22、短三度は-22の差がある。

日本の純正律は長三度、単三度において西洋純正律とは異なり、不完全協和音とはならない。

これが、鎌倉時代より伝わっている邦楽の音律の正体である。

 

そして、中国伝来の普化宗尺八や蘆庵によって持ち込まれた一節切は唐楽の中国式三分損益法による調律であるから日本純正律とは完全4度や短三度が24セント高い楽器であることも推測できる。明治時代に尺八を改良し日本の純正律に合わせたと言える。これが琴古流尺八の音律の正体である。

 

(訂正)

上記の表中 中国式平均律の表と東洋律の表の左側第1欄の洋名標記が「C」から始まっていますが「D」からの誤りです。

東洋律を古律と表記を改め2つ目の図は次のようになります。

 

 

投稿日:
カテゴリー: 未分類

楽譜の話

昨日Youtubeに「琴古流と都山流の違い」について投稿してふと思い出したことを書いておく。

右は波に千鳥の表紙の竹盟社の楽譜。隣は青木鈴慕先生のところで使っている楽譜だと思ったが、自信がなくコメントしたところをカットした。

著作者は「東京竹友社編纂部」となっていた。発行日は昭和4年6月24日のものである。

実は五郎先生が生前、「今、楽譜はたくさんの種類が出ているが親父(四郎先生)の時代に楽譜を作ろうと青木先生や川瀬先生等集まっていろいろやっていた。それが今の竹盟社の前進である。その後、各社中が楽譜を出すようになって集まっていた人達がばらばらになっていった」というような内容だった。なぜばらばらになったのかまでは聞けなかったが、恐らく、琴古流尺八は外曲において定まった楽譜もないから、各自が外曲を研究していたのだろう。個性的な表現も数多く発表されていたに違いない。その研究成果が様々な楽譜の登場となったのかもしれない。

 

 

投稿日:
カテゴリー: 未分類

中井猛先生の原稿「曲」

中井猛先生は東京芸術大学音楽部邦楽科講師を勤められ、地唄筝曲研究をされていらっしゃいました。

お亡くなりになられてから8年くらいになります。

昨年暮れにお箏の先生から中井先生の原稿らしきものをいただきました。中井先生と酒を酌み交わし邦楽談義を十数年させていただいたご縁もあり投稿させていただきます。

題は「曲」

地唄の曲名について記載がされています。

 

下の画面をクリックしてください。画面が大きくなります。

 

私が知っている曲は100数十曲しかありませんでした。

200曲以上を知っておられる通人は日本に何人いらっしゃるのでしょうか。

 

 

投稿日:
カテゴリー: 未分類

YouTube UPしました。今回のお題は「尺八の歴史考察」

初回は「邦楽は純正律」で短いものでしたが、今回の「尺八の歴史考察」長編になりました。

当初の原稿は15分くらいだったのですが、原稿チェックで10数回追加訂正を繰り返し、全然違うものができました。

内容的には、本来「正倉院尺八」「法隆寺尺八」を最初に持ってこなければならなかったのですが、法隆寺尺八を調べていくうちに「聖徳太子が吹かれたとする」には尺八の年代が正倉院御物の百済義慈王から送られた尺八よりも年代が新しいという事でした。それと、「聖徳太子が蘇莫者という曲を吹かれた」とする後世の書物があるのですが、鎌倉時代や江戸時代のもので口伝を書き記したものではないかと怪しんだところです。

朝鮮の編纂した「三国史記」の新羅楽の蘇莫者が記載されているとありました。新羅楽において蘇莫者がいつできたかもわかりません。何しろ「三国史記」は1145年に編纂されたものです。聖徳太子の時代に蘇莫者があったことすら確定しない中で、聖徳太子がその曲を新羅人に習らわなければ吹けないはずで、そんな環境にあったのだろうかという事です。聖徳太子のAD574-622年朝鮮半島では百済・新羅・高麗が戦をしていた時代です。

疑問は尽きませんが、そんな疑問と楽しく過ごせるのも尺八を続けているからだと思っています。

 

 

 

 

投稿日:
カテゴリー: 未分類

明治が求めた日本音楽と課題

明治以降に西洋音楽がとりいれられ、現在はほとんどが西洋音楽の影響を受けております。

実は明治政府が西洋音楽を取り入れるにあたって、音楽取調掛の伊沢修三という人が当時の文部省に次のようなことを「見込書」に書いて提出しています。

  • 東西二洋の音楽を折衷して新曲を作る事。
  • 将来国楽を興すべき人物を養成する事。
  • 諸学校に音楽を実施する事。

この見込書というのは答申書や意見書の類で、明治政府から西洋音楽の調査をしなさいと命令を受けた音楽取調掛の伊沢さんが海外へ行って戻ってきたときに、日本には音楽教育というものがないことに気づき政府に対して見込書を出したわけです。

これによって音楽取調掛はのちに東京音楽学校(現在の東京芸術大学の前身)となり、様々な音楽家を集めて日本の音楽教育が始まったわけです。そして文部省唱歌が出来上がり明治時代から現在の学校音楽教育に至っているわけです。

昭和時代後半になって西洋音楽中心の音楽の教科書に筝曲や尺八の頁が加わり、平成になって和楽器に触れる授業を行うようになってきました。

ところが、学校教育の音楽の先生方のほとんどが邦楽を知らない。

お箏の調弦をするのにピアノで合わせたりしたという話がありました。

現在のピアノが平均律楽器であり、邦楽が純正律で出来上がっているという認識がない。これは今の文部科学省のお役人さんも同じなのかもしれません。日本の音楽教育のために学校にピアノを設置したことにより日本の音楽教育は無意識のうちに平均律にしてしまったのです。

学習指導要領では「器楽の指導については,指導上の必要に応じて和楽器,弦楽器,管楽器,打楽器,鍵盤楽器,電子楽器及び世界の諸民族の楽器を適宜用いること。なお,和楽器の指導については,3学年間を通じて1種類以上の楽器の表現活動を通して,生徒が我が国や郷土の伝統音楽のよさを味わうことができるよう工夫すること。」となっています。

しかし、ここでも純正律と平均律の区別がないわけです。

和楽器を使って平均律で表現活動をしたのでは我が国や郷土の伝統音楽の良さを味わうことはできないと私は思います。もちろん、この学習指導要綱には私のような意見をかわす文言が盛り込まれております。

最後の「伝統音楽のよさを味わうことができるよう工夫する事。」つまり、「工夫する事」に集約されるわけです。これでは音楽教育の現場の先生方は頭をかかえてしまうのではと思います。

日本の音楽教育は明治政府に対して提出された伊沢修三の見込書とは全く違った方向へ向かい現在に至っていると思います。

明治、大正、昭和、平成、令和と時代が流れ昭和時代の宮城道雄先生の新日本音楽あたりまでが伊沢修三の意図したものだったように思います。

現在の日本の邦楽衰退は文明開化に酔いしれた自称インテリらにはじまる西洋音楽至上主義に染められたままの状態です。

それを打破することができるのは東京芸術大学を卒業されて音楽家となられた方々ではないかと思います。

それは伊沢修三の見込書に書かれた課題を達成するために専門教育をされてきているからです。

まずは日本の音楽教育現場の混乱をなくすこと。その潜流である西洋音楽至上主義の「至上主義」を切り崩すことが当面の課題かもしれません。

邦楽の衰退を憂う者としては芸大卒業生らへ大きな期待を寄せているところです。

 

 

 

 

投稿日:
カテゴリー: 未分類

「日本文化の潜流…家元制度としのぎ」

「しのぎ」というと一般的には「一時しのぎ」「急場しのぎ」「退屈しのぎ」という言葉があります。苦しい局面やつらいことを何とか持ちこたえ切り抜けるという意味があります。

一方、刀剣で、刃と峰との間のに刀身を貫いて走る稜線という意味もあります。刀を研ぐことは「しのぎを削る」という言葉にもつながります。

これ等の意味を考えると「しのぎ」とは不安定な状態をどうにか安定させること。つまり、安定化を目指すためのものと言えます。

さて、筝曲については検校によって守られた文化経済システムがあります。それは鎌倉時代の当道座に始まります。盲人社会に検校や別当、勾当などのピラミッド型職階性を設けたわけです。

その中で、弟子は師匠に謝礼を払って師匠の生活を安定させる中で師匠から芸を教わる。また、その師匠は自分の親師匠に何らかの形で上納し親師匠の生活の安定に寄与するというものです。

芸がうまいだけでは勾当や検校にはなれませんでした。検校になるためには多くの上納金が必要だったようです。

そういった経済システムを明治政府はなくそうと考え、当道座が廃止されました。しかし、そのような経済システムは当道座廃止後も、 日本社会に存在しています。

家元制度という経済システムがそれで、江戸時代以前から今日まで続いています。

末端の師匠は芸を教える見返りとして謝礼(月ぎめであれば月謝)を弟子から受け取ります。それが、師匠のしのぎです。

そして、芸の伝授の段階に応じて免状が交付されます。免状申請に伴い免状料を納めます。それが家元のしのぎの一部となります。

免状あるいは免許というものの発行権は現在の家元にしかありません。筝曲でいえば検校から免状発行権を認められた人のみが発行できることになります。

 

この家元制度ですが、今もなお存続しています。

大きく4つの分類があり、

  • 公家文化からでたものとして、書道、和歌、包丁、笛、筝など
  • 寺社文化の系譜 能楽、虚無僧
  • 武家文化の家元。剣術、兵学、弓術、馬術、槍術など
  • 江戸町人文化の系譜 歌舞伎俳優の家系、長唄、舞踊、義太夫節、常磐津、清元等

この家元制度というのは米国や西欧諸国、中国、韓国にもない独特の制度とされています。

家元制度の本質は流儀の伝承と技術の伝承で成立しているものと考えられます。

 

この家元制度を理解する身近な教材に「任侠映画」があります。

親分子分の杯事などでは、幹部や親せき筋の親分が参列しています。そして、格付け順に座布団の順番が定められ式典が行われます。

「親が白いものを黒といえば、子は黙って受け入れなければなりません。すでにご覚悟はお持ちと存じますが、いま一度考えられ、心定まりましたならば、その杯一気に飲み干し、懐中深くお納め願います。さあ、どうぞ」

そして、この親分子分の関係になるには、親分の家で部屋住み修行を行うわけです。家の掃除から行儀作法など多方面にわたりその親分の流儀を学ぶようです。部屋住み修行が終わって親子の杯を交わし、やっと1人前の子分になります。そして、その後も修行を続けて一家の安定のために「しのぎ」を削るわけです。そして、やがて幹部となり若頭という親分の参謀となり、親分に代わり一家を発展させていく。親分が引退や亡くなられれば基本的に若頭が代目継承を行います。ここでも杯事が行われ、この時の参列者は全国の盃事でつながった親分さん方が参列し、後継者が誰であるかを見届けます。

 

私は「任侠映画」を見てまさしく日本に流れる家元制度と同じものではないかと感じています。「任侠映画」をアクションという視点ではなく封建社会における慣習法(コモン・ロー)という視点で観たわけです。

 

ところで、習い事をしていて準師範や師範の免状を受け弟子を取らずに自分の勉強だけしていてお金がかかるという愚痴をこぼす方がよくいらっしゃいます。準師範や師範の免状をいただいた時点で、後進育成活動を始めていれば、自分の金銭的な負担は軽減されて行くはずです。そして、文化の伝承を担いながら活動を継続することができるはずです。しかし、後進育成を多くの方がされていないのが現実です。

邦楽界が衰退しているのは、家元制度における後進育成が弟子の芸の伝承で停止しているのが要因ではないでしょうか。弟子が教授者になった時点で後進育成という芸の伝承が再び行われなければ、家元制度はやがて消滅するのではないかと危惧します。

日本文化の伝承システムである家元制度の再認識と後進育成という芸の伝承が十分機能するようにしなければならないと感じるところです。

YouTubeとブログの関係

YouTubeを始めました。そのきっかけは地元のかなり前にお亡くなりになられたお箏の先生が夢枕に登場され、「朧盟さん少し三曲界に何か言って発展させてくださいな」というような事をつぶやかれたことでした。この先生敢えて名前はお出ししませんが、私が仙台で竹盟社の仙台支部を開いてから何度か合奏させていただいた明治生まれの先生です。

YouTubeで曲の演奏とも考えましたが、三曲界全体の低迷を視野に入れると、曲の演奏で終わってはいけないと思ったところです。

そして、まずは邦楽は何かを整理し、三曲の歴史について改めて掘り起こす必要があると感じたわけです。自分で原稿を書いては見たものの、それが正しいかどうか資料を調べていくうちに、何度も書き直しという事態に陥っています。見る角度を変えれば違った答えが出てきます。

第2回目の内容は尺八の歴史なのですが、正倉院尺八がいつどこからやってきたのかという最初の疑問にぶつかり、深みに嵌っています。一節切と普化宗尺八の内容にも触れなければなりません。また、昔、読んでいた中塚竹禅氏の「琴古流尺八史観」を再読していくうちに更に深みに。

完成度が低い内容をYouTubeで発信するのはいかがなものかとも思いますが、不足する内容をブログで補完していこうと思います。

 

 

 

 

投稿日:
カテゴリー: 未分類

ホームページリニューアルしました

竹盟社仙台支部朧盟会のホームページも何度かリニューアルしましたが、今回はSO-NETさんの無料ページサービスが令和3年1月28日で終了となることから全面リニューアルすることとしました。

SO-NETさんのブログサービスはまだ続いています。過去記事はこちらをご覧ください。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コロナに負けず稽古を続けます

新年あけましておめでとうございます。

今日は1月14日仙台では「どんと祭」が行われます。このどんと祭では正月の松飾や古くなったお札などを焼き、その御神火にあたることで、一年の無病息災や家内安全を祈願するものです。

今年は昨年からの新型ウイルス感染拡大を受け中止になるか心配していましたが、今朝のろしの花火が上がりました。早速、松飾を納めてきました。

朧盟会は1月16日から稽古を始めます。

今月は16日、23日、30日いずれも午前10時から開始します。

新年から尺八を始めようかと思われた方は、ぜひ教場にお越しください。見学も大歓迎です。

投稿日:
カテゴリー: 未分類